新築住宅であなたの想像通りとなる、過ごしやすいステキな家を

リビング

理想的な新築住宅を確実に建てる為には?

当たり前の事ですが、新築住宅を建設するのには、何らかの理由などが、必ず存在しております。新築住宅を建てる事になった、大きな要因には、例えば以下のような事などが挙げられます。
1・今までに暮らしてた住居が、すっかり老朽化したから。
2・自らの子供達がきちんと結婚し、これからは一緒に同居するから。
3・退職した事をキッカケとし、て、何とか今の内に、新居を建築しておきたいから。
4・借家の家賃を支払う事と、同様のレベルで、新築住宅をしっかりと造れるから。
幾つかの理由などが、同時に重なったからと言う、パターンだって実在する事でしょう。『新居をどうして今建てなければならないのか?』などのような、はっきりとした原因を、確実に再確認して、ちゃんと注意しておくようにします。そう対処して行く事で、建物の設計においてでも、正確な形となって、クッキリと現れて来ます。明確な要望とは違うのですが、新築住宅を建設させて行く、主な主旨などを、設計する側が詳しく把握していれば、依頼者の目線や立場などを、第一に考慮してくれます。ですので結果的に、あなたの想像通りとなる、とても過ごしやすいステキな新居を、絶対に造れるようになる訳なんです。

新築住宅を建てて良かった

新築住宅を建てて良かった、そんな私の体験談です。私は、夫と長女(4歳)の3人暮らし。昨年の8月に、賃貸マンションから新潟市に建てた新築住宅へと移ることができました。新築住宅を建てた理由は、次の通りです。まず第一に、第二子出産を考えており、子ども部屋の確保など、賃貸マンションの広さでは厳しくなってきたことが挙げられます。その点、新築戸建の注文住宅では、自分たちの理想の間取りが実現できました。2階をとりあえずはワンフロアにして、いずれ2部屋か3部屋に分けられるような、可変式の2階にしました。次に、広いウッドデッキが欲しかったことが挙げられます。
我が家は夫婦ともにアウトドア好き。マイホームのコテージで、バーベキューをする、今まさにその夢が叶いました。もちろん、これらの他にも、新築住宅を建てて良かった理由は様々なものがあります。住宅購入をすることは、経済的な側面も含め、その世帯の生活に一定のインパクトを与え得ます。各世帯が、必要な情報を集めながら、自分たちの生活の質を向上させることができるような、新築住宅など住宅購入について考えていくことが大切になります。皆さんが素敵なマイホームに出会えることを祈念しています。

新築住宅と面積に関する特徴

物件の間取りは、居住の快適さとの密接な関連性があります。そもそも多くの方々は、広い間取りの住宅を望む傾向があります。やはり面積が広い物件の方が、のびのびと暮らせることも多いからです。
ただその面積などは、物件の築年数と密接な関連性があるのですね。特定の年数の物件は、比較的面積が大きい傾向があります。ところで広々した物件が望ましいと思うなら、新築などが推奨されます。なぜなら新築住宅の場合は、総じて間取りがかなり広めになっているからです。というのも、次のようなデータがあります。全ての新築物件の中で、50平米以下のタイプは全体の27%前後なのですね。それに対して中古物件の場合は、50平米は全体の40%前後という状況です。つまり中古の方が、間取りが狭めが物件が多いのです。さらに新築住宅の中で60平米から100平米の物件は、全体の70%近くになります。それに対して中古の場合は、全体の53%近い状況なのですね。この数値を見ても、明らかに新築の方が間取りが大きくなっている訳です。
すなわち、それが新築住宅のメリットの1つと言えます。できるだけ広い空間でのびのびと暮らしたいと思うなら、中古でなく新築の物件に着目すると良いでしょう。

おすすめコンテンツ

ピンクの家のアイコン

新築住宅は理想と現実の戦い

①大きなテーマを常に忘れない。注文住宅を建てるにあたり、家族の中で大きなテーマ(制限)を1つ決めてください。「予算は2000万円以内。」「建坪35…

» 続きを読む

黄緑の家のアイコン

新築住宅を注文するときに注意すること

私は3年前に新築住宅を建てました。私が住宅を建てるにあたって、工務店に依頼したいと思ったことは、柱を太くしてほしいということでした。柱が太い住宅は、かなり…

» 続きを読む

紫の家のアイコン

新築住宅 今後のトレンド

今後の新築住宅のトレンドは何か。それはZEHです。経済産業省の方針で、2020年の標準的な新築住宅はZEHにしましょう、という動きがあります。ZEHはゼロ…

» 続きを読む

水色の家のアイコン

新築住宅で失敗しやすいところ

新築住宅は、多くの夢があるものではありますが、その夢に浮かれてしまって失敗するようなケースもよくあります。そんな失敗について、今まで新築住宅を買ってきた先…

» 続きを読む